CASE STUDY
株式会社電通

広告代理店が考える
タクシーサイネージの優位性と
「GROWTH」の強みとは。

株式会社電通 内山瑞貴

株式会社電通

タクシーサイネージの優位性と
提案する際のポイントについて

簡単に、御社の事業紹介や内山様の自己紹介をお願い出来ますでしょうか。
株式会社電通 内山瑞貴様(以下、内山様):電通グループでは、「Good Innovation.」を企業理念に掲げ、コミュニケーション領域を中核に、 クライアント様やメディア・コンテンツ企業様をはじめとする顧客の経営課題・事業課題の解決から、マーケティング・コミュニケーションの実施まで、その全てを事業領域とし、ベストな総合ソリューションを提供しています。中でも私は、株式会社電通において、2年間はメディア担当として、屋外ビジョンや屋外ボード、タクシーのサイネージなどアンビエンドメディアと呼ばれるような媒体に関わっていました。その後は、OOH領域のメディアプランニングとその進行、プロジェクト終了まで、全体のプロデュースを行っています。担当クライアント様は、飲料、通信、不動産、BtoBサービスを提供する企業など多岐にわたり、過去担当させていただいた案件も合わせると、合計100社ほどになります。
広告代理店が考えるタクシーサイネージの優位性について教えて頂けますか。
内山様:数年前、媒体としてのタクシーサイネージが市場に出てきた際、タクシーはコンプレックス系の商材が中心的に宣伝されているイメージでしたので、正直ピンとこない部分もありました。ですが、実際に媒体社様から車内環境を向上させたいという方針を伺ったり、タクシー車内で媒体を見た時は、新しい取り組みだと感じました。タクシーサイネージの優位性に関しては、1:1のプライベート空間で強制視認に近い状態で訴求できる点は、他の媒体にはない強みだと思います。乗車後に放映開始されるので、理論上は1人に対し、1台設置されている状態です。強制視認の観点では他媒体でも近い視認環境の媒体もありますが、到達規模とそれに対するコストはタクシーサイネージの方が単価が安い場合が多いです。ある程度到達規模が見込めるうえに、半強制的に見せることができ、広告が表示されているかまで把握できるのは他にはないポイントです。
続いて、広告代理店が考えるモビリティメディア「GROWTH」の強みを教えて頂けますでしょうか。
内山様:モビリティメディア「GROWTH」の一番の強みは、「都内に特化しており、都内におけるネットワークが強いこと」ですね。ピンポイントに東京で広告を配信したいクライアントや、東京がメインのプランニングの場合は、「都内近郊に出せます」とスムーズに提案することが出来ます。 また、東京都内において、サイネージ設置台数が多いことも重要な要素です。これだけ多くのサイネージを抱えているということは、到達規模を担保できていることになるので、媒体としての大きな強みになります。サイネージを設置しているタクシーに関しても、国際自動車や大和自動車交通を中心に、業界大手のタクシー会社と連携しており、媒体としての信頼も厚いです。 またタクシー配車アプリ「S.RIDE」を始めとした、配車アプリの機能向上により、配車アプリ自体の利用率や認知率も向上しているので、提案しやすくなっていると感じます。 「GROWTH」も含めて、現在タクシーサイネージは業界でも非常に注目されており、枠が埋まるのが早い時期もあるので、代理店の方は早めに提案を進めて、枠の確保をしておくことをお勧めしますね。また、広告コンテンツ以外のメディアコンテンツが充実していることは、「 GROWTH」の強みの1つだと思います。TVが象徴的ですが、番組を放映しているからこそ、広 告も注目されます。広告だけ配信するとなると、ユーザーとのコミュニケーションも 一方通行になってしまうので、メディアコンテンツは注力すべきポイントだと思います。その 点を「GROWTH」は理解されており、都度UPDATE頂いている印象です。自社オリジナルコンテンツであれば、より他媒体との差別化を図れると思いますし、現在、ビジネス系のコンテンツが多い印象なので、エンタメ系のコンテンツ含め、コンテンツの幅も増やして頂きたいですね。タクシーでの移動時間は、多忙な合間のリラックスタイムと捉えている方もいらっしゃると思います。
これまでご提案頂いたクライアント様の事例を教えて頂けますでしょうか。
内山様:これまでご提案させて頂いたクライアント様は、スタートアップ企業やBtoBサービスを提供している企業が多いですね。「GROWTH」は、東京都内のタクシー1.1万台と連携しており、ダイレクトにビジネスマンや決裁者に訴求出来る媒体なので、BtoB向けのプロモーション促進を目的としている企業に人気ですし、実際に提案することが多いです。また、実際に広告を出稿してみて、クライアント様の営業部隊やお客様が「見た」といった声も多いので、社内で伝わりやすく、評価を頂いていることも多いです。自分たちも乗っているからこそ、ターゲットも明確ですからね。一方でBtoCの事例はまだまだ少ないと思いますので、是非ご出稿いただきたいですね。調査結果など具体的な効果を示していけば、 代理店含め提案しやすくなりますし、クライアント様も出稿のイメージが湧きやすいと思います。
実際にクライアント様に提案する際のポイントについて教えて頂けますか。
内山様:提案する際のポイントとしては、タクシーサイネージだけ実施したいクライアント様と、他のメディア含めて実施したいクライアント様では、性質も提案の仕方も変わってきます。タクシーサイネージのみを検討されているクライアント様に関しては、「よく見られる」「スタートアップ企業やベンチャー企業に多い」「営業先のお客様に見たよと言われる」などの実感値をアピールすることが多いです。一方で、全体のメディアプランニングの中で、タクシーサイネージを検討する場合、到達規模が目的であれば表示回数をアピールすることもあります。メディアの提案作業において、数字的な根拠を示すことは欠かすことが出来ない要素のため、前段階と出稿後で数値的な報告ができるのは、クライアントが実施できる根拠付けになっているのかなと思います。
今後、タクシーサイネージビジネスに期待することを教えて頂けますか。
内山様:リーチ&フリークエンシーに課題感を感じています。その部分の数値的な根拠が出せないので、タクシーサイネージを利用するにあたり、どれくらいの期間実施すると良いのかが分からないクライアント様も多いのが事実です。具体的な根拠と一緒に提案しないと予算を割けないクライアント様も多いので、数値的な根拠や指標は必要だと思います。また、アドIDの連携も期待しています。テクノロジーが進歩し、交通手段も進化する中、タクシーに乗っている人が楽しくなるような(メリットと感じるような)OOHやデジタルサイネージの使い方をする必要があります。他の媒体に比べてもタクシーサイネージは技術的に追いつきやすく、可能性を秘めていると思うので、是非とも他のOOHの指標となって頂きたいですね。
インタビュー記事の詳細、出稿方法等が記載された特別資料のダウンロードは下記よりお願い致します。

資料のダウンロードはこちらから

*は必須項目です。)

御社名*

御社WEBサイト*

お名前*

メールアドレス*

電話番号*

個人情報保護方針に同意する

個人情報保護方針をよくお読みの上、
問題なければチェックしてください。

AD CALENDAR

こちらから、配信可能な
枠をご確認いただけます。

MEDIA SHEET

より詳細を知りたい方は、媒体資料の
ダウンロードをお願い致します。

Now Loading
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz1234567890‘?’“!”(%)[#]{@}/&\-+÷×=$€£¥¢:;,.*